ただネイティブとしゃべりだけをくり返しても英会話は上達することはないんです。

 英会話教室に通ったことがある方もいるかも知れませんが、初心者の多くは英会話はネイティブに習うのが一番だろうなと、まずは英会話スクール探しからっていう人は多いんじゃないでしょうか?確かにフツーに考えて一見理にかなっているように思います。

 でもネイティブから英会話を習って英語が上達できるレベルの人っていうのは、実はかなりの英語力がある人だけなんです。初心者がいきなりそんなデキる人たちと同じことをしても上達することはないんです。ネイティブ講師がほとんど何を言っているのか良くわからないようなレッスンを受け続けてモヤモヤしている状況で、その先に英語がどんどん話せるようになっている自分の姿ってイメージ出来ますか?

 多くの英会話スクールでは英語の基本はすでに身についているっていうのが前提になっていて、あとはとにかくたくさん英語を話しましょうというのがスタンスなんです。学校で一応英語は習ったとはいえ英語の基本が身についている人なんてそう多くはいません。最初の時点で英語の基礎をスルーして、英語の「会話」の部分だけ一生懸命に頑張ったところで英語は話せるようにはならないんです。

英会話には英会話上達のためのやり方がちゃんとあるんです。

じゃ、中学校のテキスト引っ張り出して基礎からやれば良いんでしょ?と思うかもしれませんが、学校のお勉強英語と英会話の勉強方法は違うんです。学校のテスト勉強のための英語のやり方をやってもダメなんです。学校ではそれで英語の成績が上がったかもしれませんが、英会話で学校と同じやり方で英語をやったところで、実際、多くの日本人が英語が話せていない状況を見れば、その効果はないのは明らかです。

 英検やTOEICの高得点者だからって、みんな英語がペラペではありません。テストで英語の問題を解ける英語力と英語が話せる英会話力はまったく別モノです。英語はやっているのに英語が話せるようにならないという人はこの違いがわかっていないから的外れな学習の仕方を疑いもなく続けて、ムダな努力をしまっているんです。

 そもそも自分自身がまったく英語が苦手で最初、何から手をつけて良いのかもわからず、とりあえずなんとなく良さそうな英語の本や教材を買ってはみたものの、読んでも意味がわからない。初めのたったの2、3ページだけしか続かず、また違うの本を買うのくり返す、自分そんなレベルから出発し、どうすれば英会話ができるようになるのムダなことを数限りなく試してきて、結局はよく言われているように英語の根本である基礎を理解すること無しに上達することはないと気づいたんです。

 テスト英語は問題を解くために広い知識量が必要ですが、英会話は確実に見についている基礎知識が重要なんです。暗記に頼らないで会話に応じて瞬時にアドリブで話せる英会話力というのは基礎で決まるんです。それも会話に使えるようになる基礎というのは、たったの3つだけなんです。

 ある時、学生以来全く英語を使う機会もなく、会社が急に外資系と合併することになって英語を習いたいと駆け込んできた会社員のTさん。どうしても仕事上、英語が必要になり、このまま出来ないと死活問題だとかなり切羽詰った状態で体験レッスンに来たんです。ヤル気だけは人一倍あったのですが、なにせ英語のブランクが長くかなり苦労するだろうなと思いつつ、軽い気持ちで自分がやって来た、たった3つのことをそのTさんにやり方から細かく教えて毎日必ず実践してもらうようにしたんです。

 すると、半年くらい経った頃からだんだんと効果を上げはじめ、その後海外の支店とテレビ会議やプレゼンなど英語をフル活用して仕事でやり取りしているということで、その時自分の英会話上達のためにやってきた経験が、そのまま他の人がやっても、同じように結果を出せる再現性のあるやり方だと実証できた瞬間でもあったんです。

英語の基礎力が身につくとスッキリと理解でき、上達が加速しはじめます

 「基礎=カンタン」だとカン違いしてはいけません。ほとんどの人は実は「基礎」は奥深いことがよくわかっていないんです。しかし、英語の本質がわかってくるとイッキに上達が加速してきます。その基礎を身につけるために「何を、どうやってやるのか?」を具体的にやり方から説明し徹底て身につけてもらいます。わからないことは何回でも何度でも徹底的にサポートしますので、わからないから前に進めませんという言い訳は言えないようにギモンを残させません。

 英語の基礎いっても、ただの「知っているだけの知識」と、「使える知識」の差は実はものすごく大きな差なんです。英語が得意でも英語が話せないというのは知っているだけで使える知識になっていないということです。この状態でネイティブと会話のレッスンをし続けても、英語の使える知識になっていない状態では上達の効果はかなり薄いんです。

 英語を始める段階で「英語の使える知識」を身につけていないといつまで経っても英語は話せるようにはならないんです。逆に少なくとも徹底して身につけて続けるだけで、商社、メーカーの海外営業で北米、欧州でもビジネスで通用するくらいの英語力は身につけられることは自分が実証してきているので必ず結果はついてくるはずです

あの東京大学大学院 准教授も脳科学的に基礎から始めることの効果を認めています

 「TBS 新・情報7daysニュースキャスター」のコメンテータも務める東京大学大学院 池谷裕二 准教授も脳科学的な見地から「学習の手順をきちんと踏めば、より早く覚えられるという脳の性質も重要。学習手順には慎重に気を配った方が賢明。いきなり高度なことに手を出すよりも、基礎を身につけてから少しずつ難易度を上げていった方が、結果的には早く習得できる。」(引用文献:「記憶力を強くする〜最新脳科学が語る記憶のしくみと鍛え方」講談社) と基礎から身に付ける学習の手順の重要性を語っています


 何も考えずナントナク英語をはじめるというのは、地図も持たずにゴールに向かうのと一緒です。どこに向かうか方向すらわからず、手さぐりしながら闇夜をさまよい歩き続けるようなもので、ゴールする前に気力も体力も消耗して挫折してしまうのは目に見えています。きちんとした「学習の手順」に沿って進めることはゴールまでの地図を見ながら最短で進むことなのです。何をどうやってやるのかの上達法や、わからなければいつでも質問できる環境は整っているので、あとは教えた通りにただ乗っかってひたすらやり続けるだけです。

 意味のあることだけを丁寧に徹底してやることが大事です。ザックリと、とにかく多く英語を話しましょうでは英語が話せた試しはありません。同じ英語でも英語を話せるためにどう意味があるのか?なぜ必要なのか?やり方とその意味がすべて論理的でムダなことはやりません。ムダが無い分、手抜きはダメです。そのかわりきちんとカリキュラムをブレずにこなしていけば結果はきっちり出ますので、そこは全くすることは心配ありません。

 日本の成人の英語学習者は800万人以上と言われていますが、それだけいても最終的に英語をものにできる人ってほんの一握りなのが現状だと思います。英語が自由に使えるようになれば、これまでの自分の中のあらゆるリミットが外れ、交友関係、仕事や趣味など世界のボーダーを超えて、その後の人生のあらゆる可能性が広がって来るは間違いありません。その後のあなたの人生がさらに上のステージで活躍できるよう英語が使える数パーセント人達の仲間入りできるようお手伝いをします。