英会話の上達はとにかくたくさん英語を話すことが必要だと思っているようですが、じゃ、たくさんってどのくらいなのか・・・、それだけじゃ永遠にムリです。

 英語を話す「英会話」って、一方的にただ英語を話すことではなくて、相手の言っていることを正確に聞き取って、理解できてはじめて英会話のキャッチボールになるわけです。よくわからずモヤモヤした英会話のレッスン量を増やせば、ある日突然、英語が話せるようになるなんてことはありえません。

 英会話の上達するには一旦、ゼロベースから英会話ためのやり方を理解することが必要で、現在あなたがどんなに初心者レベルであっても、きちんとした上達のプロセスの沿って始めると、今自分には何が足りなくて、何をすればどのくらいのレベルに行けるのか「見える化」してこそ確実に上達できるのです。

 英語を話すが目的ではなく、英語で話せるようになるのが通う目的のはずです

英会話スクール通っても多くが続かないのは、英語が話せないから通っているのに、たくさん英語を話すことだけ重視されてもインプットのベースが不足している状態で英語が言い出せるワケがありません。通常、英会話スクールでは英会話でたくさん話すことですべてカバーしようとし、個々の学習レベルがどうなのかまでは完全にノータッチ。

「英語がとっさに出て来ない」といっても「音声が聞き取れないからなのか?」「じっくり考えれば言えるのか?」など、あなたが何が必要でどうすべきか軌道に乗るまで学習サポートをする役割が大事であって、初心者が機械的にみんなと同じ英会話のレッスンをただ受け続けてもその先に上達はないのです。

 英語初心者な人ほど、のびしろが大きい分効果の違いを実感できるはずです

 そもそも自分自身が全くの英語力ゼロで、何もわからない状態からのスタートでした。当時はみんなこぞって英会話スクール通ったりしていたにもかかわらず、まわりでまともに英語が話せるようになったという人を見たことがなかったんです。

 それって裏を返せば自分がやっても効果がないってことの現れじゃないですか、英会話にただ通っただけじゃ英語を話せるようにはならないってことなので、とりあえず自分で良さそうな英語のテキストや教材買ってみたり、ひたすら英語聴きまくったりと、思いつくことは散々やり尽くして来ました。そんな数々のムダなことをしながら遠回りしてきたからこそ何がムダで何が効果があることなのかが、だんだんと見えてきたんです。

 同じ英語を学ぶにも英会話力を身につけるには何が必要で、どういうやり方じゃないとダメなのか、順番を間違うと効果なかったりと、自分がデキなかったからこそみんながやっている英語のやり方に疑問を感じ、固定概念にとらわれずに、なんでもやって来れたから見えてきたのです。

 

 こうした自分の実体験から「もしまた自分がゼロの状態からまた英語を始めるなら何をするのか?」 ムダなことは排除して上達のためのエッセンスだけを実践すれば、ゼロから始める人が余計なことをやらずに最短で効果を発揮できるはずです。その数年後には欧州やアメリカで仕事したように、少なくとも海外生活でも問題なく使える英語力はつくようになるはずです。

 まずは実践していくと早い人で3、4ヶ月くらいで、いつも聴き馴れている洋楽の曲でさえもこれまでたんなるノリで聴き流していたのが、サビのフレーズだったり歌詞が、ある時英語で、「えっ、こんなこと言っているんだ?」と聞こえ始めるようになります。それって自分でリスニング力の上達が実感できる最初の瞬間です。

 ここで目指す英語力は、「丸暗記に頼らず、英語が聞き取れて、自分の言いたいことを自分の言葉で、アドリブで英語が話せる」ようになることです。

 わざわざ高価な留学費用をかけなくても日本にいても十分に上達できるし、むしろ初心者は日本にいた方が英会話は伸びます。将来の目標は同時通訳者になりたいとか、それがどんなに高くても、実現するための方法論は、具体的に論理的な手段でなくては実現不可能です。

 これまで何やってもダメで、どうしても英語を身につけたいけど、もう何をすればよいのかわからない、今の自分の英語のレベルが低すぎて何やってもついていけないっていう方は意外に多いと思いますが、結果が伴わないのは英会話のやり方が間違っていただけなのです。

 カンタン、お手軽になんて英語は上達しません。しかし、自分がやったことがきちんとムダなく積み重さなって上達を実感でき結果がついて来れば楽しくなって、さらに上達してモチベーションが上がっていくことで上昇スパイラルになって面白くなってくるんです。

 論理的に学ぶことで効率的に上達するが脳科学的にも証明されています

「TBS 新・情報7daysニュースキャスター」のコメンテータも務める東京大学大学院 池谷裕二 准教授も脳科学的な見地から著書の中で「学習の手順をきちんと踏めば、より早く覚えられるという脳の性質も重要。学習手順には慎重に気を配った方が賢明。いきなり高度なことに手を出すよりも、基礎を身につけてから少しずつ難易度を上げていった方が、結果的には早く習得できる。」(引用文献:「記憶力を強くする〜最新脳科学が語る記憶のしくみと鍛え方」講談社) と順序に基づいて身に付けていく学習の手順の重要性を証明しています

 また「80:20の法則」ってご存知でしょうか?物事は20%の核心部分から成っていて、その他残り80%は枝葉の部分でしかないという考え方で、英会話の上達においても、やる以上は本質となる20%の部分に労力を集中しないと、その他80%の重要ではないことにダラダラ時間をかけたところで結果につながっていかないのです。手順だけでなく学習効率を加速するために、英会話上達に本当に必要な20%に注力した独自のカリキュラムに集中して取り組むだけです。

まずはお気軽に完全無料の体験レッスンから

 きちんとした手順に沿って何をどうやるのか?から詳しく説明しますので、あとはそのままやり方に沿って学習を進めて行くだけです。逆に言うと、効果が出てくるまでは言われたこと以外は一切手を出さずに、カリキュラムに集中して、ブレずに続けさえすれば効果は出ます。すべて経験に基づいて結果を証明できている上達セオリーで、更に効率を重視してまとめ上げて誰がやっても再現性のある学習法を直接伝授したします。

 まずはお気軽に完全無料体験レッスンにお越しいただき、ネイティブレッスン後にあなたの現状をお聞きして、なんで伸びないのか?どうすれば上達できるようになるのか?モヤモヤしていた疑問がスッキリ納得するようにわかりやすくご説明します。

※入会のセールス等は一切ありません。

追 伸

  下記の申込みフォームから「無料体験レッスン」をお申し込みいただき、お越しいただいた方に限り今だけ「OFFチケット」お渡ししております。(あと残り9枚です。)