英会話だけをひたすら習って来ても何も変わらなかった人が、やり方を変えただけで上達が加速し始めてくるのです

 英語を話す「英会話」って、一方的にただ英語を話すことではなくて、相手の言っていることを正確に聞き取って、理解できてはじめて英会話のキャッチボールになるわけです。よくわからずモヤモヤしたままで、英会話のレッスン量を増していけば、ある日突然、英語が話せるようになるなんてことはありえません。

 英語のお勉強が得意であることと、英語が使えることは全く違います。英会話が上達するには一旦、これまでのやり方から離れ、ゼロベースから見直すことが必要なのです。つまり英語を話せるようになるには英会話の上達プロセスに沿って学習することが必要で、英語が話せるようになるには今自分には何が足りなくて、何をすればどのくらいのレベルに行けるのかを理解できてこそ上達し続けていけるのです。

 英会話に通うのは、英語を話せるようになるのが目的のはずです・・・

 英会話スクールに通っても多くは続かなくなっていくのは、英語が話せないから通っているのに、たくさん英語を話すことだけ重視しても、最低限必要な英語のインプットのベースの部分が不足している状態のまま、英語をたくさん話せと言われても言葉が浮かんで出てくるワケがありません。たいていの英会話スクールではたくさん英語を話す会話の総時間数ですべて不足分を強引にカバーしようとしますが、カバーしきれないほどの初心者はフォローも無く置き去りにされてしまっているのが現状です。

「英語がとっさに出て来ない」と言っても「音声が聞き取れないからなのか?」「英語に知識が足りないからなのか?」など人それぞれ原因が違うはずで、あなたが何が必要でどうすべきか学習サポートが重要で、機械的にみんなと同じ英会話のレッスンをひたすら受け続けるようなことをしてもその先に英会話の上達はないのです。

 初心者やこれまで英会話一辺倒だった人ほど上達の違いを実感

 そもそも自分自身が全くの英語力ゼロの状態からで何もわからないままスタート。当時はみんなこぞって英会話スクール通っていましたが、あまりに高額な割に英会話スクールに通っていても英語が話せている人を見たことがなかったので、自分が行ってもムダだろうなと思っていたので、とにかくなんか良さそうな英語のテキストや教材買ったり、英語のフレーズ丸暗記してみたり、ひたすら英語のCD聴きまくったりと、手探りで思いつくことは散々やり尽くしていく中で、英語が上達するプロセスには何が必要なのか仮説を立て自分でやってみて何が効果があるのかがだんだんと見えてきたんです。

 同じ教材使っても伸びる人もいるし全く伸びない人もいるし、そのやり方もどういうやり方じゃないとダメなのか、やる順序を間違うと効果がない。また人それぞれレベルも違うし単純にみんな英会話レッスンだけやっても、どうして英会話が上達するかの本質がわかっていないと、ダラダラ何年やろうが結果が伴なってこないことの理由がわかったのです。

 

 こうした自分の試行錯誤の実体験から「もしまた自分がゼロの状態からまた英語を始たとしたら、じゃ何をするのか?」と考えた時に、ムダなことは排除して上達のために必要なことだけ効率よくピンポイントで実践すれば、最短で結果を出せるはずです。どんな初心者からでも、同じプロセスに沿ってやれば最小の労力で最大の効果を発揮できるはずです。少なくとも実際に欧州やアメリカで仕事をしてきたようにフツーに海外生活できるくらいの英語力はは証明済みです。

 これまで受講者を見ていると、ちゃんと実践して早い人で3、4ヶ月くらいで、いつも聴き馴れている洋楽の曲でさえもこれまでたんなるノリで聴き流していたのが、サビのフレーズだったり歌詞がある時英語で、「えっ、こんなこと言っているんだ?」とハッキリと聞こえ始めるようになります。それって自分でリスニング力の上達が実感できる最初の瞬間です。

 ここで目指す英語力は、「丸暗記に頼らず、英語が聞き取れて、自分の言いたいことを自分の言葉で、アドリブで英語が話せる」ようになることを目指しています。

 わざわざ高価な留学費用をかけなくても日本にいても十分に上達は可能ですし、むしろ初心者は(コロナ禍であるため渡航できないならば)日本にいた方が英会話は伸びます。将来的に英語を使って同時通訳者になりたいとかどんなに目標が高くても、それを実現するためのプロセスは具体的、論理的な手段でなくては実現することはできないのです。

 これまで何やってもダメ、どうしても英語を身につけたいけど、もう何をすればよいのかわからない、今の自分の英語のレベルが低すぎて何やってもついていけないっていう方は多いと思います。何やっても結果が伴わなかったのはやり方が間違っていただけなのです。

 他人が流暢な英語を話す動画観て「スゴイな~っ」と感心しても英会話は上達しません。あなた自身がやったことがきちんとムダなく積み重さなって上達を実感でき結果がついて来れば当然楽しくなって、モチベーションも上がっていく上昇スパイラルになってこそどんどん面白くなるはずです。

 論理は結果を裏切らない。根拠に基づいた上達は脳科学的にも証明されています

「TBS 新・情報7daysニュースキャスター」のコメンテータも務める東京大学大学院 池谷裕二 准教授も脳科学的な見地から著書の中で「学習の手順をきちんと踏めば、より早く覚えられるという脳の性質も重要。学習手順には慎重に気を配った方が賢明。いきなり高度なことに手を出すよりも、基礎を身につけてから少しずつ難易度を上げていった方が、結果的には早く習得できる。」(引用文献:「記憶力を強くする〜最新脳科学が語る記憶のしくみと鍛え方」講談社) と順序に基づいて身に付けていく学習の手順の重要性を証明しています。

 また「80:20の法則」ってご存知でしょうか?物事は20%の核心部分から成っていて、その他残り80%は枝葉の部分でしかないという考え方で、英会話の上達においても取り組むうえで本質となる20%の部分に労力を集中しないと、その他80%のたいして重要ではないことにダラダラ時間をかけたところで結果は出せないのです。手順だけでなく学習効率を加速するために、英会話上達に本当に必要な核となる20%に注力した独自のカリキュラムに集中して取り組むだけです。

まずはお気軽に完全無料の体験レッスンから

 きちんとした手順に沿って何をどうやるのか?から詳しく説明しますので、あとはそのままやり方に沿って学習を進めて行くだけです。逆に言うと、効果が出てくるまでは言われたこと以外は一切手を出さずに、カリキュラムに集中して、ブレずに続けさえすれば効果は出ます。すべて経験に基づいて結果を証明できている上達セオリーで、更に効率を重視してまとめ上げて誰がやっても再現性のある学習法を直接伝授したします。

 まずはお気軽に完全無料体験レッスン(ネイティブによるレベルチェックシート付)にお越しいただき、無料ネイティブレッスンと、あなたの現状をお聞きして、どうして伸びなかったのか?どう改善すれば上達できるようになるのか?モヤモヤしていた疑問がスッキリ納得するようにわかりやすくご説明します。

※入会のセールス等は一切ありません。

追 伸

  下記の申込みフォームから「無料体験レッスン」をお申し込みいただき、お越しいただいた方に限り今だけ「OFFチケット」お渡ししております。(あと残り5枚です。)